赤い金魚

うろこ付けと顔部分が仕上がりました。


写真はうろこ部分。綺麗です!
画像


金魚バッグは表面を起毛したベロア革で作っているのですが、

革の質感をカメバッグやカエルバッグと同じ

つるつるした革でも作ってみたい

でも一度針を落とすと穴があくのでやり直しが出来ません、

鱗付けは特に大変で時間がかかる、

制作時間が長くかかりそうだけど、

中の裏地も凝ったものを使って作ってみたい…

凄いものができるだろうなぁ…

絶対に挑戦してみたい事です。




赤い金魚が仕上がったら次は黒い金魚作ります。

----------------------------------------
制作AtelierIWAKIRI金魚バッグ(大)ページはこちら

受注制作金魚バッグ(赤大)
ショッピングカートページはこちら拡大画像表示できます。


受注制作金魚バッグ(黒大)
ショッピングカートページはこちら拡大画像表示できます。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 竹の美。

    スパイシーズさんのHPでズキューン!と金魚バッグにやられたものの、何年たってもなかなか手の出ない理由のひとつが「バックスキン的なものが苦手」という(笑)。お金もないんですけど、なんか・・・何故かはわからないんですけど、バックスキンとかの起毛した革は避けちゃうんです。靴でも革紐でも。スムース革より水に弱いとか色落ちしやすいとかが心配なのかもっていう以外、理由は???手触りなのかなぁ、自分でもよくわからないんですけど。
    ヌバックも微妙で・・・。
    なので、つるつる革での制作、やり直しがきかなくてめちゃめちゃ大変そうだけど、応援しています!
    2008年05月17日 17:00
  • Lock sewing machine

    竹の美。さんへ

    コメントありがとうございます。

    つるつる革の金魚バッグは
    仕上がったら画像をアップしたいと思っています。

    しかし、鱗のところを綺麗に仕上げるのが難しいーーー^^;

    つるつる質感の革で作った金魚バッグ素敵ですよ。
    実現にむけてがんばります!!

    ありがとうございます。
    2008年05月17日 21:02

この記事へのトラックバック